特集
今回の特集はMASAKI YODAの99曲アルバム
99th base
特集
今回の特集はMASAKI YODAのMaximum級アルバム99th baseです。

〜本編〜
2016年8月19日にリリースされ、ディストリビュートは8月21日に行われたMASAKI YODAのアルバム「99th base」だが、まず驚いたのは曲数
何と99曲も入っている。
内容は2014年までの代表的な楽曲が目白押しという超ド迫力な内容だった。
インストゥルメンタルが2曲程あるもののその他は全て歌物。
私はタイトルを見るだけでかなりの時間を費やしてしまったわけだが、かなりの確率で私の好きな曲が入っているではないか。
直感的にきっとこれは今までのベストアルバム的なものが゛リリースされたんだなと言う感じだ。
しかし、私は様々な曲をストアで試してみるが、今までに99曲の殆どが歌物のアルバムを見た事が無く、とてつもないボリュームに圧倒された。
試聴しながら、様々なタイトルを眺めていると一つの事に気付かされる、アルバムHigher Highの収録曲が全曲入っているではないか、
アルバムHigher Highと言うと、iTunesでは全曲が人気度最高ランクだったアルバム、とてつもない光景を目にした事がある。
その上この99th baseにはHigher High全曲よりもとてつもなく多くの楽曲が収録されている、私にはこの99th baseがモンスターアルバムに見えてならなかった。
収録曲は以下となっている。
【収録曲一覧(iTunes)】
収録曲を見ると、それぞれの時代にソフトプッシュされていた曲達が並んでいるのが分かる。
ファンの皆さんには待望の一作である事は間違いないだろう。
そこで、MASAKI YODAさんご本人にこのような質問をしてみて返答があったので掲載しようと思う。

Q、「99th base」のタイトルの由来を教えて頂けますか?
A、タイトルはそのままなんですよ、これがこれからの僕の楽曲ベースになると言う意味合いがあります。
Q、ジャケットに「一曲足りない・・・」と書いてあるんですが、あれは一体。(笑)
A、(笑)あれもそのままなんですけど、本当は切りの良いところで100曲が良いなぁと思っていたんですが、仕様と言う事なので(笑)、しかしその足りないもう一曲には
  きっと未来に出来るであろう楽曲が来れば良いんじゃないかとそう思ったりもします。
Q、アルバムHigher Highの曲が全曲入っているようなんですが、あれはどうしてですか?
A、確かアルバムのHigher Highは一時期iTunesで全曲人気度がMaximumだったことを覚えていたので、皆さんが良く聴いてくれた曲だろうなぁと思ったので全曲入れておきました。

ここまで

このような回答を得られました。
そうだったのかあと言う感じです。
とにかく、超ド級のアルバム全曲聴くのに7時間3分!?もある聴き応え満点のアルバムを皆さんも聴いてみては如何だろうか?



著 須藤 隆志


過去の特集




【MARS PROJECT MAIN PAGEへ】

-NET JUKE BOX-